donpo9’s blog

脳卒中を体験した人の生活の楽しみ具合レポート

せっかく失業できたのだから

せっかく失業できたのだから

 

 

今までとは違った生活の楽しみ方をしようと試み中です。

14年間のTVレスライフの反動でもあるのでしょう。

TV放映されてきた教養番組などに興味が高まりつつあります。

地球の温暖化、砂漠化から人間の暮らしを守ろうと緑化運動を起こして

緑の大地の復興に取り組んできた人、また、現在取り組み中の人などに

関連する動画を拾い観ています。ユーチューブはありがたいです。

あまりに沢山の動画があるので、大まかな時間枠を決めて

主体性をもって観ていこうと思います。

そうしないと「見ているつもり」が惰性で「見せられている」ことにもなりかねません。

日々の暮らしのその日のメインが動画鑑賞というのではないことを肝に銘じています。

上手に見る能力と生活感覚を鍛えないといけません。

 

 

新たにここを朗読の稽古場にしよう

新たにここを朗読の稽古場にしよう

 

 

敬老の日の連休ということもあって昨日から実家に来て

91歳の母と再会しました。

開けて早朝、いったんは起きましたが、またひと眠り。

再び目が覚めたら6時半前。

そこで朝の散歩を兼ねて「朗読の朝練」に出かけました。

実家から平塚の海岸までは15~6分。

ズックの中では右と左の足の五本指が大地を掴むようなイメージで

筋トレしながら歩きます。

海岸につきました。海の中にサーファーが約20人。砂浜に10人弱。

西のほうの波の中にも10人くらい、

絶好の波が寄せて来るのを待っています。。

砂浜に続く砂丘のてっぺんに適当な場所を見つけ草の上に座ります。

今週土曜日には「朗読会ばぶの会第23回」を開催します。

打ち寄せる波の音をB.G.M.

宮沢賢治さんの「注文の多い料理店」の朗読の稽古です。

周りに気兼ねすることなく大きめの声で朗読できます。

なんで今まで思いつかなかったのでしょう。

この砂丘を朗読の稽古場にしましょう。

有志で集まって合同の稽古会なんてのもいいかも…ですね。

妄想は広がります。

 

 

顔は防ぎようがありません

顔は防ぎようがありません

 

 

おでこ、みけん、こめかみ、まゆげのなか、めのわき、頭皮のなか・・・。

喰われます、喰われ放題、蚊の餌食。

 

毎朝雨が降ってない限りは朝のラジオ体操に続いてマックス一時間を目安に

せっせせっせと草取り作業をしています。

ラジオ体操に入る前に草取り向けの身支度は整えておきます。

長ズボンを履き、長そでシャツは袖口のボタンを留めて、6:30から10分間。

ラジオ体操が終わります。

運動靴は長靴に履き替えます。使い捨て天然ゴムの手袋をはめて

さらにその上にスリップ止めのついたイボイボ付きの軍手をはめます。

今日の草取りの場所は工房の進入路の坂道の右側の道路わき…

だいたい次回はあのあたりのあの辺と予定を立ててありますから迷うことはありません。

鎌は半年くらい前から一人旅に出て見当たらず、もっぱら剪定用の片手の鋸を使います。

そのうち草っぱらのどこかから鎌ちゃんも帰還するでしょう。

先週は一年ぶりに手ガンナちゃんがみつかりました。

「おお、こんなところにいたの」と再会を喜びました。

あとは3か月前から行方不明の剪定鋏君を見つけ出したいところ。

草刈り作業中にどこかにひょっと置いたガーデニング農具、思い出せません。

熊手や箕()はさすがに見失うことはありません。

今日の草取りの場所では喰われました、喰われました、蚊の餌食。

両手はせっせと草取り作業でふさがっていますから、

痒みの頂点では軍手の甲でひとこすりこすります。手は休めません。

どうせ喰われたって10か所かそこいらですから、忍耐の範囲です。

そういえば昔新聞の日曜版の記事で、某大学の調査隊がカヌーで

シベリアの川を下るレポートの中に、排便で尻を出すと途端に蚊の大群にたかられて

貧血を起こすほど血を吸われて難儀したというような記事がありました。

その体験から比べたら私の草取り中の蚊の襲来なんて屁でもないですね。

 

 

ブロー&バキューム顛末記

ブロー&バキューム顛末記

 

 

木材を切削した後に断面を平滑にする工程があります。

まず①ベルトサンダーを使い続いて②スポンジサンダーを使い、

必要に応じて③ハンドさんダーと三段工程です。

  1. のベルトサンダーには専用に掃除機を連結してヤスリ掛けしてセットしてあります。
  2. 排出される木粉(もっぷん)をバキュームしながら作業できるように

現在この掃除機は2代目です。

初代の掃除機は中古品の掘り出し物で20年以上も使っていました。

よく働いてくれましたがとうとうこわれました。

みごとに使いつぶした為、この春に量販店で購入しました。

新品の掃除機2代目デビューです。

アタッチメントの様式が進化していましたので連結部を新規に作り直しました。

「新品」という頭があったためバキュームを作動した時に

木粉の煙が排気口のほうからもわ~っと出ても

「なんか変だな」で片づけていました。横着を決め込んでいたわけです。

変だなと思いつつひと月以上前からその症状の出るままに使っていました。

今日の症状は断然に濃厚でした。木粉がぶうぉおおっと出ました。

なんかへんだなはなんか変だではなくて明らかに変だったのです。

今頃さとるとはお恥ずかしい。

ようやく今日はやらねばと掃除機のふたを開けて中の紙パックを見ました。

見事に破けていました。木粉が出るわけです。まったく脳天気でドジな私です。

そこでベルトサンダーとの連結部を外して掃除機の徹底掃除です。ひと仕事です。

幸いというかモノづくりの工房ですからコンプレサーがあります。

掃除機の内も外もあらゆる部分をブロー・ブロー・そしてブローです。

詰まりに詰まっていた木粉をコンプレッサーのエアーダスターで吹き飛ばしました。

出るわ出るわ、相当量の木粉がもうもうと吹き飛ばされていきます。結構時間かかりました。

ようやく再生できた2代目の掃除です。

新たな紙パックを装填して今度は掃除機自身で本体をバキューム。

なんとまあ吸い込みのいいこと良いこと。 

 

教訓 

新品とはいえ5か月も使ったのですから新品ではなく定期的に点検することにします。

夜明け前、おもいはかるく、かるがるしく、しっちゃかめっちゃか

夜明け前、おもいはかるく、かるがるしく、しっちゃかめっちゃか

 

目が覚めてしまったので、しばらく起きてキーボードタイム。

連夜浅い眠りです。およそあこがれの熟睡状態からは程遠く・・・、

だからといって「眠れない」と思い悩んでいるわけではありません。

おもいはかるく、かるがるしく、目まぐるしいほどではありませんが

そうとう支離滅裂です。

風のまにまに風吹きガラスか風吹きトンビ。思い余って、歯がゆい思い。

おもいっきり脳の自由時間か不自由時間か、思考のタガが緩んでずぅっと制御不能です。

いやいや制御しようなんて思っていません。勝手気ままに妄想しているのかな。

もうそう?・・・もうそんな時間か。いやまだまだこんな時間です。

おもうにまかせておもうママ、おもうパパはここにいます。

思考のスキャット、しゅびでゅびでゅ、

ぱっぱらぱぁのあっぱれぱれだよ、よあけまえの日本晴れ。

良かった。ちょっと眠たくなりましたのでもうひと眠り、惰眠の世界へ。じゃあまたね。

 

おっと、そういえばあれはなんだったけかな・・・宮沢賢治さんの作品にあったのですが…表題は?

度忘れというのではないですが…ちょっと待ってくださいよ、今思い出しますよ。

うんと、ええっと、でてこい・でてこい、はい、思い出しました、

「真空溶媒」というのがありました。

おもいだせてよかった、ひとまず、おやすみなさい。おやおやなんと時刻は5:02です。

 

おはようございます。今ラジオ体操してきました。今日はまたあとで日記を綴ります。

 

 

第23回朗読会 ばぶの会を開催します ~告知~

第23回朗読会 ばぶの会を開催します ~告知~

 

 

2018/9/22(土)  於 和光大学ポプリホール鶴川リハーサル室 

(13:30開場14:00開演…リハーサル室 定員20名 )※参加費\500

 

~※~ 今回の朗読作品 ~※~

 

◆のばら/小川未明・作           (11分)   朗読 木村博子

◆60代の今(私のエッセイから)/辻美智子  (15分)   朗読 辻美智子

セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治・作     (40分)   朗読 村松美里

    ~休憩 15分 ~

夢十夜 第一夜/夏目漱石・作     (10分)     朗読 野口夏子

◆奇跡の一本松/なかだえり・作     (17分)     朗読 横手ひろみ

注文の多い料理店/宮沢賢治・作    (23分)     朗読 曵田宏

 

3年前 『目指100回開催』ということで17年計画を立てました。

目下4年目を邁進中です。稲城市の押立でスタートしましたが2017年9月より、

会場を和光大学ポプリホール鶴川に移し開催し続けています。

朗読会の会場は小田急鶴川駅下車徒歩2分のところにある建物です。

 

ばぶの会の朗読会は年6回(奇数月1,3,5,7,9,11月)の原則第3週の土曜日の午後2時よりだいたい2時間前後開催しています。が、その月に土曜日が5回あるときは第4週の土曜日になります。

また会場の都合等で日程を変更する場合もあります。 

 

~※~ 今後の日程 ~※~

※第24回朗読会(11/27)… 2部構成です

(前半)子どものための会 ~全入れ替え制~ (後半)大人のための朗読会

※第25回朗読会(1/26)大人のための朗読会

言ったもん勝ち食ったもん勝ち(?)のうどんですが

言ったもん勝ち、食ったもん勝ち(?)のうどんですが

 

保養ネットよこはまが主催する「福島の子どもキャンプin伊豆」この夏第7回目が行われました。

2011年3月11日の東日本大震災の次の年からこの保養キャンプは始まって今年も続いています。

福島県在住の子どもたちとその家族を伊豆にお招きして

河津町いりあい村にある古民家を宿泊ベースにのんびり8泊9日の保養をしていただくという企画です。

今年は参加者の家族の都合で2日ほどの短縮バージョンのキャンプでした。

私は保養ネットよこはまのキャンプに第2回目からの参加で、今年で6年続けてのボランティア参加でした。

自分で言うのもなんですが私は子ども達の人気者で

今年も初対面の子ども達から「ばぶさん」と愛称で呼んでもらえました。

 

参加期間中の食事のメニューの一つに「山形の引っ張りうどん」というのがあり、これを体験しました。

楽しくおいしいものでした。それでネットで「ひっぱりうどん」の詳細を調べてみました。

その時ついでに紹介されていた資料を見たら興味深かったです。

言ったもん勝ち食ったもん勝ちの世界だとは思いますが、

名前からうどんのだいたいのイメージはできますね。

 

【 全国の有名うどん 】

 

■北海道:豪雪うどん秋田県稲庭うどん宮城県:甘ったれうどん

山形県:ひっぱりうどん ■宮城県:白石温麺 ■栃木県:耳うどん

■千葉県:成富うどん ■群馬県:おっきりこみ ■群馬県:上州うどん

群馬県:桐生うどん ■群馬県ひもかわうどん群馬県:館林うどん

群馬県水沢うどん ■埼玉県:煮ぼうとう ■埼玉県:加須うどん

■埼玉県:冷汁うどん ■埼玉県:武蔵野うどん ■山梨県ほうとう

山梨県:吉田のうどん ■長野県:おしぼりうどん ■富山県氷見うどん

■石川県:小松うどん ■岐阜県:香露うどん ■岐阜県つるむらさきうどん

■愛知県:豊橋カレーうどん ■愛知県:きしめん ■愛知県:味噌煮込みうどん

三重県伊勢うどん ■和歌山:梅うどん ■奈良県:巾着うどん

京都府:京うどん ■大阪府:かすうどん ■兵庫県:わかめうどん

岡山県:備中うどん ■岡山県:倉敷ぶっかけうどん岡山県:しのうどん

岡山県津山ホルモンうどん徳島県鳴門:鳴ちゅるうどん ■徳島県:たらいうどん

香川県讃岐うどん ■福岡県:丸天うどん ■福岡県:ごぼう天うどん

■福岡県:かしわうどん長崎県:五島手延べうどん大分県ごまだしうどん

大分県:だんご汁(だご汁) ■宮崎県:宮崎のうどん ■沖縄県:もずくうどん

 

うどん好きの方々のさらなる詳細の検索のきっかけになれば幸いです。